ワカヒメさまの歌姫明神と神代文字

ワカヒメさまの歌姫明神と神代文字

岩瀬駅から真壁までサイクリング

5月3日の連休にJP岩瀬駅からつくばリンリンロードを自転車で真壁方面へ向かって歌姫明神へサイクリングに行ってきました。

自転車はJR岩瀬駅前の 高砂旅館 でお借りました。
http://www.kankou-sakuragawa.jp/page/page000847.html

一台一日 600円  9:00~17:00 まで借りられます。(ママチャリ)

五月晴れの気持のよい日 さぁスタート!



片道10キロなので一時間くらいかかりましたが、ちょうど田植えシーズンだったので田んぼにはトラクターがフル回転!

サイクリングロードは平坦な道なのでママチャリでもスイスイ~

途中でかっこいいロードバイクの方々にビュンビュン抜かされましたが急ぐ旅でもないので、マイペースでゆっくり新緑を眺めながらサイクリングを楽しみました。

つくばリンリンロード

遠くにある筑波山を眺めながら、景色は最高です。

筑波リンリンロード 筑波山

歌姫明神に到着

一時間くらいして、道端にある小さな標識を発見
歌姫明神の入り口です。

歌姫明神入口

民家の敷地内の裏にあるのか??
勝手に入っていいものかどうか、ちょっと躊躇しましたが、
多分こっちのような気がすると、奥の野道を右側に少し上がっていくと

可愛い鳥居と出会いました。

歌姫明神 鳥居

入口前では タンポポやイヌフグリが可愛らしく出迎えてくれました。 鳥居は新緑で縁取られ、のどかな空気が流れ妖精が隠れていそうな雰囲気。

なんだかわくわく心が躍ります♪

歌姫明神の不思議な木


入口右横にある大きな木 不思議な形をしていた。

お父さんとお母さんと中央が子供??
3人仲良く寄り添って・・・そんな感じ・・・

参道はとても静かで広いお庭のようです
鳥居の向こうには森の中にひっそりとたたずむ祠が

小鳥や鶯の声が優しく鳴り響き、とても素朴でのどかな場所です。
やっと出会えた祠は扉や壁に優しい柔らかな雰囲気の彫り物が


歌姫神社 祠

祠の左上にはワカヒメさまをお育てになった住吉さまのお札がありました。
この場所は天照大御神のお姉さんワカヒメさまがお生まれになった誕生の地だそうです。

とても素朴ですが地元の方々に大切に守られいることが感じられる祠でした。
ワカヒメさまは小さいころこのお庭で遊んだのかしら・・・
なんて考えながら、境内を散策しました。

不思議な岩がゴロゴロ

歌姫神社 不思議な石

境内にはあちこちに岩がゴロゴロ埋まっていました。

近寄ってみると、なんだか文字のような切込みを発見!

神代文字 かな??なんて思ったり
でも何とかいてあるかわからない💦

歌姫神社の岩に神代文字?

ネットで調べてみたら歌姫明神の ヲシテ文字(神代文字) について説明してあるサイトと見つけました。

ありがたい!!
karamatsuのブログ
http://blog.livedoor.jp/karomatu/archives/9698067.html

karomatsuさんありがとうございます。とても詳しくまとめていただいているのでとても勉強になりました。

karomatsuさんのブログによると上の写真はヲシテ文字の「フ」だそうです。
想像力を発揮しないと、なかなか解読できませんね。

でもこの境内の岩は、自然のものではなくて意図的に配置されたもののように感じます。

配置された岩のパワーが、この神社の穏やかな雰囲気を作り出しているのでしょうか?

私以外、だれも参拝者がいなかったので、静かな空間を独り占めできて、とても贅沢な時間を過ごせました。

回りに誰もいないので、「あわうた」を歌ってみました。
なんて気持ちがいいのでしょう
気分がとてもスッキリして本当に来て良かった。

ワカヒメさまは天照大御神のお姉さん
ワカヒメは和歌姫
五七調の言霊POWERの類稀なる使い手であられたそうです

片野先生の気功では「あわ歌」や「ひふみ祝詞」を唱えながらうず気功を行います。

もっと言霊のパワーを深く知りたい・・・
そんな気持ちから、ワカヒメさまのゆかりの神社に導かれました。

ついこの間までは全く存じ上げなかった神様。
数年前から素晴らしい古代の神々を知る機会に恵まれ、昔懐かしい人々との再会を喜ぶような幸せを感じています。

変化の激しい時代ですが、こうした出会いはとても心強く、何も心配せずに導かれるままに進んでいこうという勇気が湧いてくるのが不思議です。

どんな事が起こっても、きっと大丈夫!何とかなるよ・・・と

ワカヒメさまとはどんなお姫様か

ワカヒメさまについて詳しくしりたくなり購入した本です。
隠された言霊の神 ワカヒメさまの「超」復活!

イザナギとイザナミが最初に産んだ子供がワカヒメさまで天照大御神のお姉さまであり、 アワ歌の神さまだったそうです。

ホツマツタヱには宇宙と自然界の巡りに則っている五七調の「アワ歌」を歌えば病気にならないと書かれています

言霊の奥儀を知るワカヒメさまは皆が健やかに過ごせるよう、アワ歌を普及していたようですね。

しかし、言霊の秘密を隠すため古代から消されてしまったとも言われています。


ワカヒメさまを知ることは言霊の秘密を知ること。
なぜ 五七調の「アワ歌」を歌えば病気にならないのか。
その秘密がわかる、読みやすい物語形式の本でした。

本を読んだら、ワカヒメさまの旦那さまについて、とても興味がわいてきました。今度はアチヒコ(オモイカネ)さまの本を読んでみよう!
早速買ってしまいました。読むのが楽しみです!


失われた奥義 縄文古道の よみがえり オモイカネの謎を追って突き止めた《ヒソギとミソギと日月の秘儀》


歌姫明神については、CGSの動画いときょう先生の「イザナギ・イザナミ【CGS いときょう 縄文ホツマツタヱの旅 第8回】」で知りました。

いときょう先生のこのシリーズ動画はとても分かりやすくホツマツタヱのことを学べるので何回も繰り返して見ています。

神代文字・言霊治療カテゴリの最新記事